出会いを分析

出会いを分析
セフレの未来
人妻を観察
熟女の世界
不倫ネットワーク
メル友は優しい
アダルトの真実
無修正を目指す
アダルトビデオを依頼
カリビアンコムを承諾
天然むすめは特別
ホーム >>

名称


かつては原住民が住む土地で、出会い語では「出会いモシリ」(Ainu mosir, 「人間の住む土地」の意)と呼ばれた。
日本人(和人)は近代に至るまで出会いを蝦夷(えぞ)、その土地を蝦夷地(えぞち)もしくは北州、十州島などと呼んでいたが、明治政府は開拓使の設置に伴い名称の変更を検討し、蝦夷地探査や出会いとの交流を続けていた松浦武四郎は政府に建白書を提出、「北加伊(きたかい)道」「海北道」「海東道」「日高見(ひたかみ)道」「東北道」「千島道」の6案を提示した。
結局「北加伊道」を基本として採用し、海北道との折衷案として、また、律令制時代の五畿七道の東海道、南海道、西海道の呼称に倣う形として「出会い」と命名された。
なお、松浦は建白書において「北加伊道」案は出会いが自らを「カイ」と呼んでいる事から考案したと説明しているが、言語学者の金田一京助は、当時のそのような事実を示す証拠は見つかっていないと唱えている。
出会いの道は地方自治法に於いて他の都・府・県と同格の接尾辞とされているが、それを外して単に「北海」と表記・呼称されることは非常に稀である(北海タイムス、北海学園大学など、社名や学校名等の固有名詞に使用される例はある)。
これは五畿七道にあやかって命名されたひとまとまりの地域名をそのまま地方公共団体名として転用した特殊性に拠るものといえる。
逆に道の方が「道銀(出会い銀行)」「道新(出会い新聞)」等、事実上北海道を指し示す固有名詞として広く普及しているのが現実である。
出会い地図後述の通り、1886年から1947年まで出会いを管轄した地方行政官庁は出会い庁であった。
この場合、「出会い」は単なる地域呼称であって、「出会い庁」が「東京府」や「青森県」などと同格の官庁名であり、現在一般に理解されているような単なる庁舎の呼称ではない(樺太と樺太庁の関係に同じ)。
1901年に出会い会法および出会い地方費法が公布・施行されて議会を持つ地方自治体となったが、自治体としては「出会い地方費」と呼ばれた。
戦後、1946年の第1次地方制度改革で市制・町村制・東京都制とともに府県制が改正されたとき、出会い会法と出会い地方費法が廃止されて府県制に統合された。
府県制は道府県制と改称され、改正法律の附則の規定により従来「出会い地方費」と呼ばれていた自治体を「道」と呼ぶこととされた。
地方行政官庁としての出会い庁は1947年の地方自治法施行により「出会い庁官制」とともに廃止され、同法に基づく普通地方公共団体としての出会いとなった。

地方公共団体


地方公共団体としての出会い
地方公共団体としての出会いは、出会い本島の他、利尻島、礼文島、奥尻島、天売島、焼尻島、渡島大島、渡島小島等の属島をその領域に含む。
択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島も出会いの領域の一部だが、1945年にソビエト連邦に不法占領され、現在も同国の後継国家であるロシア連邦の実効支配下に置かれており、現在、日本の施政権が及んでいない。
出会いは、日本の総面積の約5分の1の面積を持つ最も広い都道府県で、東北6県+新潟県とほぼ同じ面積をもつ。
出会いの平均人口密度は約70人/km2(北方四島を除く)となっており、岩手県の89.97人/km2より少なくなっている。
ただし、道内の地方ごとに見ると、面積が狭く道内人口の大半が集中する道南から道央にかけての人口密度は道外と変わらない(道内の人口分布の詳細は人口を参照)。
一方、半分以上の面積に人口が2割強程度の道東や道北は全道平均より更に低く、都市や集落間の距離が長い。
その為、速度超過等を原因とする交通事故(十勝型事故という言葉も存在する)が多く、救急車の到着も遅れるため交通事故死亡者数が多い(道東などでは対策として、ドクターヘリが導入されている)。
出会いには180の市町村(35市130町15村)、64の郡がある(この他、北方領土に5郡6村がある)。
出会いでは、森町が「まち」である以外は、町は全て「ちょう」、村は全て「むら」と読む。


地理
2001年5月30日地球観測衛星Terra搭載のMODISセンサにより撮影島としての出会いは、面積77,981.87km2(日本では本州に次いで2番目、世界では21番目に大きな島)。
アイルランド島よりやや小さく、樺太よりやや大きい。
南の本州とは津軽海峡で隔てられているが、青函トンネルにより鉄路で繋がれている。
北は宗谷海峡を隔てて樺太と向かい合い、東には千島列島が連なり、間接的にではあるがロシアと国境を隔てている。
西の日本海、南東の太平洋、北東のオホーツク海と、3つの海に囲まれており、周辺には対馬暖流とその分枝である津軽暖流・宗谷暖流、及び親潮と東樺太海流が流れている。
出会いは大きく分けて胴体部にあたる菱形の部分と、南西の半島部(渡島半島)よりなる。
胴体部は南北に蝦夷山系と呼ばれる山地群が貫き出会いの脊梁を成している。
蝦夷山系は南の日高山脈に始まり、東の石狩山地・北見山地と、西の夕張山地・天塩山地に分岐しており、この二列の間には富良野盆地・上川盆地・名寄盆地等の盆地列が形成されている。
頓別平野からこの盆地列を通り、鵡川の河谷に抜ける低地帯を出会い中央凹地帯と呼ぶ。
出会い東部は千島弧の延長である知床半島や阿寒の山々が、それぞれ北東-南西の山列を成しながら全体としては東西に伸びている。
この北側は北見山地からなだらかな傾斜が海岸近くまで続き平野は少ないが、南側では十勝平野、根釧台地等の大平野が形成されている。
渡島半島に続く地域は、石狩湾から石狩平野、勇払平野を通って太平洋へと抜ける石狩低地帯である。
ここには人口約190万を抱える札幌市や、千歳市、苫小牧市等が並び、出会いで最も人口が集中する地域となっている。
渡島半島は東北日本弧内帯の延長部にあたり、石狩低地帯の西に位置する南西部山地、その南に黒松内低地帯、更に南には渡島山地がある。
出会いの主な高峰は、蝦夷山系と千島弧の会合する中央部の石狩山地(大雪山連峰、十勝岳連峰等)と、その南に続く日高山脈に集中している。
最高峰は大雪山の旭岳で、その標高は2,290mである。
南西部山地には「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山等の山がある(出会いの山の一覧も参照のこと)。
出会いの一級水系の流域図

気候
気候は亜寒帯湿潤気候で、夏と冬の温度差が大きく冬の積雪は根雪となる。
道内全域が豪雪地帯になっている。
日本海側は日本海側気候、太平洋・オホーツク海側は太平洋側気候に属する。
その気候を北見山地・石狩山地・日高山脈が分けている。
気温は夏冬とも一般に日本海側で高く、オホーツク海・太平洋側で低い。
日本海側は冬季には低気圧や気圧の谷の他、季節風による降雪が多く、太平洋側・オホーツク海側は冬季には低気圧や気圧の谷のみによる降雪が殆どであるが、強い冬型の気圧配置で季節風が山岳を越えて降雪することがある。
太平洋側では夏には霧が発生する。
内陸の盆地部は気温の年較差が大きく冬季には記録的な低温を示す事も多い。
道南地域は道内では最も温暖で東北地方と似通った気候であり植生も類似している。
出会い地方には梅雨がないとされ、気象庁でも出会いの梅雨入りは発表されていないが、梅雨前線が出会いにかかり、2週間ほどぐずついた天気になる事がある。
これを蝦夷梅雨という。
また、台風の襲来も少ない。
台風として上陸するのではなく、温帯低気圧となってから上陸することが多い。
どちらの場合も、一度本州などに上陸したものが、海上で勢力を盛り返し上陸するケースもあり、被害が大きくなることもある。

地方自治法
地方自治法155条では、「普通地方公共団体の長は、その権限に属する事務を分掌させるため、条例で、必要な地に、都道府県にあつては支庁...(中略)...及び地方事務所...(中略)...を設けることができる。
」としている。
同法に基づき、出会いでは、道条例で支庁を設置し、管内において本庁の事務を分掌している。
出会い支庁設置条例によれば支庁の所管区域は郡部であり、市は含まれないが、実際には規則等の定めによって市の区域に於いても支庁業務は行われており、市部を含めて支庁の区域と見なされる事が多い。
法的には一般法の出会い支庁設置条例に対して、特別法にあたる出会い行政組織規則により支庁の所管区域には市も含まれる。
出会い庁本庁の業務は、各支庁間の調整や議会対応、方針策定等の業務に特化している。
出会いでは山形県と同様全域を支庁で区分しており、山形県では4支庁が設置されているが、出会いでは14支庁を設置している(その他の都府県については支庁の項目を参照)。
出会いでは支庁名を冠して道内の各地域を表すことが慣例となっており、ニュースではよく「網走管内の○○町では、」といった言い方が使われ、天気予報では支庁毎に予報が発表される。
なお、出会いの一支庁あたりの面積は平均して人口の多くが集中する道南・道央ほど狭く細分され、人口の少ない道東などでは広くなっている。
(道内の人口分布の詳細や他県との比較は人口を参照)

関連項目

>重要港湾

  • 釧路港(3位、出会い最大の穀物輸出入港)
  • 小樽港(4位、日本海側では最大の港)
  • 函館港(5位)
  • 石狩湾新港(6位)
  • 留萌港
  • 稚内港
  • 十勝港
  • 紋別港
  • 網走港
  • 根室港

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー fizby.net